葬儀での装い

  1. HOME>
  2. フォーマルの装い>
  3. 葬儀での装い

葬儀での装い

ブラックフォーマルの基本 | 着こなしのポイント | 弔問時のアクセサリー | 身だしなみの留意点 | マナーと立ち居振舞い | ホテル葬


<どんな時に着るの
<どんな風に着たらいいの
<立場に応じた装いとは?
<一般的な基本ルール

<素材の選び方は?
<色の選び方
<デザインとアイテム
<季節に応じた着こなしは?
<年齢に応じた着こなし方は?

<悲しみの日のアクセサリーは何を用意すればいいのでしょうか。
<初めて用意する時のそれぞれのポイントを教えて下さい。
<靴選びのポイントは

<トータルバランスとは

<訃報を受けたら
<タブーとされていること


<「お別れの会」や「送る会」に参列するのですが?
<「偲ぶ会」とはどんな式典ですか?
Q
どんな時に着るの

A
黒の礼服のことをブラックフォーマルウェアと呼んでいます。
哀悼の意を表す黒色によりきちんとした印象を与えるので改まった席にぴったりです。
昨今では特に、葬儀や法事など弔事関連に着用するのがマナーとされています。
Q
どんな風に着たらいいの 

A
喪服としてのブラックフォーマルの装いは、式典の大小や機会、立場によって 3段階の格式に着分けます。
最も改まったものが正喪服、それから順に準喪服、略喪服と呼びます。

[正喪服]
シンプルで肌を露出させないデザイン。
色は黒に限る。
光沢のない素材。
喪主、親族、近親者など改まった立場の方にふさわしい。

[準喪服]
正喪服に準じた装いで、その時々の流行を取り入れても可。
黒が基本。
一般的な葬儀・告別式、一周忌までの法要などの会葬者にふさわしい。

[略喪服]
派手にならないシンプルな装い。
黒に限らず、グレーや紺など無地感覚のもの。
急な弔問、通夜、三回忌以降の法要など。
急な悲報に整いすぎた装いでは失礼に当たる可能性がある場合に。

>>オンラインショップへはこちら

ページトップへ

Q
立場に応じた装いとは?

A
亡くなった方に対して、どのような立場にあたるかによって装いが変わってきます。
常に喪主(主催者)がもっとも格式高い装いになるようにします。
Q
一般的な基本ルール

A
【お通夜】 喪主(親族):準喪服/会葬者:略喪服
【葬儀・告別式】 喪主(親族):正喪服/会葬者:準喪服
【初七日】 喪主(親族):正喪服/会葬者: 準喪服
【四十九日】 喪主(親族):正喪服/会葬者: 準喪服
【一周忌】 喪主(親族):正喪服/会葬者:準喪服
【三回忌】 喪主(親族):準喪服/会葬者:略喪服
Q
素材の選び方は?

A
無地感覚の黒の深い素材がもっとも格が高くなります。
その時々の立場に合わせて 着こなして下さい。

[レース素材]
準喪服から略喪服に。控えめな印象のものや小さな柄のレースならば構わないでしょう。
準喪服として着用する場合は必要以上に肌が見えないように注意します。

[シフォンなど透ける素材]
部分使いであれば準喪服から略喪服として。
身体のラインがはっきり出るようなデザインは避け、下着にも十分気をつけましょう。

[サテン]
パイピングやリボンのアクセントなど部分使いであればお洒落の1つとして。

[刺繍]
準喪服から略喪服として。華やかにならないようにします。

[ニットやカットソー]
カジュアルな雰囲気になりやすいので注意が必要です。略喪服のインナー程度の 着用にとどめます。

>>オンラインショップへはこちら

ページトップへ

Q
色の選び方

A
ブラックフォーマルウェアに用いられている素材は、特殊な染め方をして深い黒色に発色させています。
タウン用のブラックスーツが白っぽく見えるのは染め方が違うからです。

[喪服は黒限定か]
正喪服は黒、準喪服も黒が望ましいとされています。
3回忌以降の法要や急な弔問には略喪服として、グレーや紺、濃紫、抹茶色などの色喪服も着用されます。
この場合は合わせる小物を黒でまとめます。

[白いブラウスの着用は?]
基本的にはお勧めできません。
男性のシャツと混同しがちですが、女性は黒でまとめます。
急な弔問や、お清めの御手伝いなどでは着用することもあります。
Q
デザインとアイテム

A
アイテムとしては、シンプルで肌の露出の少ないデザインのアンサンブル・スーツ・ワンピースなどが一般的です。

[スカート丈はどれくらい? スリットはいいの?]
スカート丈は長いほど格が高くなります。
最も格が高いのはロングドレスになります。
ただし一般の方ではこれほど改まった装いをされる方はあまりありません。
一般的にはふくらはぎ中間程度のフォーマル丈や膝頭が隠れる程度の丈が望ましいでしょう。
座ることも多いのでミニスカートは避けます。
スカートの深いスリットは避けますが、タイトスカートの機能面的なスリット程度は構わないでしょう。

[パンツはいいの?]
パンツスタイルよりはスカートの方が格が高いとされています。
準喪服から略喪服として着用します。
スパッツやスリムなデザインはカジュアルな雰囲気になるので注意します。

[プリーツスカートは?]
準喪服から略喪服として着用します。
デザインの1つなので特に気にする必要はありませんが、全体的に華やかにならないよう気配りします。

[袖丈の選び方は?]
肌を出さないことが基本ですが、七分丈・五分丈・半袖など、立場と季節に合わせて選びます。
夏の暑い時期であれば喪主の方でも半袖を着用することもあります。
肌の露出が気になる時は、手元に手袋を添えます。
Q
季節に応じた着こなしは?

A
1着あればどんな時でも、というオールシーズン型から季節に応じたシーズンフォーマルへと多様化してきました。
催される式場に合わせて選びます。

[サマーフォーマル]
5月のゴールデンウィーク明けから9月中旬にかけてはかなり暑い日もあります。
季節に合わない厚手の物を無理して着用しているのはスマートではありません。
最近はセレモニーホールなど屋内での式が増えてきたとはいうものの、暑さの厳しいときこそさわやかな装いが望まれます。
黒という色目は必要以上に重く見えます。夏用のウェアを涼しく着こなすのがスマート。
最近では専用の下着(汗取りパット付インナーシャツ)も開発されていますので季節に合った着こなしを取入れて下さい。

[冬のコートは?]
黒やグレーなど華美でない色を選びます。
また、お焼香・出棺の際は脱ぐのが マナーです。

>>オンラインショップへはこちら

ページトップへ

Q
年齢に応じた着こなし方は?

A
洋装には和装のような年齢による着分けや、既婚者・未婚者の区別はありません。
ただし、それぞれの社会的立場を考慮した、その場にふさわしい装いが求められます。

[社会人1年生です。]
学生から社会人になると、1人前の大人として、節度とマナーが求められるようになります。
きちんとした印象を与えるような服装が好ましいでしょう。
初めてのブラックフォーマル~ファーストフォーマルは着こなしやすいアンサンブルやスーツスタイルがお勧めです。
流行感を取り入れたデザインやアクセサリーでルールをわきまえながら若々しく装います。

[年齢とデザインの関係は?]
年齢によって着てはいけないデザインというのはありません。
自分の社会的地位や その時の立場によってふさわしいものを選びましょう。
自分が気に入っていても周囲に不快感を与えるような装いは常識を疑われます。
節度をわきまえた慎み深さと相手への思いやりを装いで表現することが大切です。

[若々しく着こなしたい]
黒一色だからこそスマートに着こなしたいものです。
体形に合わない物はそれだけで野暮ったく映ります。
シーズンに1回は袖を通してチェックしてみましょう。
Q
悲しみの日のアクセサリーは何を用意すればいいのでしょうか。

A
不祝儀では必要以上に飾り立てること無く、どこかにポイントを置いた慎み深い装いが大切です。
最低限用意しておきたいのもとしてバッグ、ネックレス&イヤリング、念珠、ふくさ、ストッキング、靴などがあげられます。

[手袋の扱い方]
黒い手袋は年間を通して、慎み深い装いの1つとしてお勧めのアイテムです。
仏式の場合のお焼香の時は、あらかじめはずしておきましょう。
献花や玉串をささげる場合ははめたままで構いません。

[数珠(念珠)]
基本的な喪服の装いとして準備しておきたいものです。
洋装には小ぶりの片手念珠がバランス良く映りますが、各宗派に応じてそろえて下さい。

[ネックレス&イヤリング]
日本では必ず一連の ネックレスを用います。
連が長くなったり珠が大きいと華やかな印象になりますから注意しましょう。
繊細な光沢感のあるパール(白・グレー・黒)のほか、黒曜石や黒べっ甲・黒珊瑚・ジェット・オニキスなどを用います。

[扇子]
暑い時期には欠かせないアイテムです。
より格調高く装うには黒で統一します。

[バッグ&手提げ]
バッグは布製・表皮 製の小型の黒の物を用います。
暑い時期には清涼感のあるホースヘアーもお勧めです。
悲しみの席では何かと荷物が多くなります。
フォーマルシーンにふさわしい黒の手提げ袋をプラスして持っていると便利です。
Q
初めて用意する時のそれぞれのポイントを教えて下さい。

A
悲しみの席ではバッグは布製など光沢の少ないものを用います。
ネックレスやイヤリングは必ず一連のもの、素材はパールや黒珊瑚、オニキスなどが一般的です。
念珠は仏式の葬儀では用いるのが礼儀です。素材は水晶や珊瑚が一般的です。
ふくさは折畳式のものが一般的ですが、最近では簡易型のポケットタイプもあります。
ストッキングは黒を選びます。

>>オンラインショップへはこちら

ページトップへ

Q
靴選びのポイントは

A
飾りや光沢のない黒のパンプスを一足用意しておくと良いでしょう。
サンダルや爬虫類の皮などを使ったものはふさわしくありません。
Q
トータルバランスとは

A
普段着とは違い、自分の好き嫌いではなくその場に合った装いが求められます。
トータルバランスを整えてきちんとした装いを完成させましょう。

[ヘアースタイル]
清潔感があれば問題ありませんが、あまりにもボリュームがある時や華やかなカラーリングを している時は、小さくまとめるといいでしょう。

[メイクはどうする?]
華やかにする必要はありませんがたしなみ程度のメイクは必要です。
原色系の口紅や ラメ、パール感のきついものは、流行でもふさわしくありません。

[マニキュアは?]
遠目にも目立つような色はふさわしくありません。
マニキュアはしない方が無難ですが、必要な場合は目立たないベージュ系やヌードカラーなど目障りにならない色目を選びます。

[指輪はつけていてもいい?]
基本的にはつけません。
既婚の方なら結婚指輪のみにしましょう。
華やかな雰囲気のファッションリングは避けます。
やむを得ない場合は石を内側にまわします。

[香水の扱いは?]
周囲に気づかれるような強い香りはふさわしくありません。
相手を思いやる気持ちで普段より控えめにします。

[ストッキングは?]
正喪服は黒、準喪服は黒もしくは肌色、略喪服は肌色で構いません。
素足ではカジュアルな雰囲気になり失礼にあたることも。
たしなみとして1足余分に持つと安心です。
また模様の入ったものや網状のものなどは華やかな印象を与えるので好ましくありません。

[靴の選び方は?]
お勧めなのは布やカーフを用いた、光沢や飾りのないプレーンなパンプスタイプの黒の靴です。
爬虫類の皮や光る金具のついたものはふさわしくありません。
また、流行のミュールはカジュアルな印象を与えるので好ましくありません。
フォーマル感を出す為には3cm~5cm程度のヒール高があると尚よいでしょう。
ブーツに関しては、流行でもロング丈のものは避けて下さい。

[弔事の時のハンカチ]
手元のハンカチは、案外目立つものです。
特に制約は有りませんが、喪主やお身内など、目立つ立場の方には白、もしくは黒をお勧めします。
Q
訃報を受けたら

A
[会葬とマナー]
お通夜と葬儀に出席するのが本意ですが、昨今はどちらか一方に出席するというケースも 増えています。
お通夜だけの参列で失礼する場合は、かなり改まった装いで出席する地域も多く見られるようになりました。

[御香典と袋]
お通夜だけの場合はその時に、葬儀にも参列する場合は葬儀の席に持参するのが通例です。
香典袋には内袋にも金額と住所・氏名を忘れずに記入し、正式には薄墨を用います。
故人といかに親しくても御遺族が解りかねることもあるので、わかりやすく表記しましょう。
袋には御香典・御仏前(仏式)・御花料(キリスト式)・玉串料(神式)などの種類がありますが、御霊前と表記してあるものはいずれにも用いることが出来ます。

[受け付けなどを頼まれたら]
服装は準喪服程度、きちんとした装いを心がけます。
当日は世話役の指示に従って円滑に進めます。

>>オンラインショップへはこちら

ページトップへ

Q
タブーとされていること

A
[二連のネックレス]
二連のネックレスなど重なるものは「凶事が重なる」ということから日本では嫌われます。
装身具だけでなく、「重ね重ね」や「たびたび」という重ね言葉も慎みます。

[肌の露出と光]
悲しみの席では必要以上の肌の露出は避けます。
また、光物も嫌われますから靴の飾りやバッグなども十分注意して下さい。
Q
「お別れの会」や「送る会」に参列するのですが?

A
昨今、一般的に耳にするようになったのが「お別れの会」や「送る会」です。
これはホテル葬とも呼ばれ、斎場ではなくホテルの一室で行われています。
故人と縁の深かった方々で執り行われています。
式典としては葬儀・告別式と同格で、仏教などの宗教色を出さないことが特徴です。
節度のある準喪服の装いから、故人との関係に応じて略喪服まで、立場に応じた着こなしを選んでください。
Q
「偲ぶ会」とはどんな式典ですか?

A
法事の~回忌に替わる式典として、故人と親しかった人々が集うのがこの「偲ぶ会」。
宗教色を出さないことが特徴で、ホテルや料亭などで催されています。
装いは、華やか過ぎず、また改まり過ぎない程度に。
「平服」という表示があっても、普段着ではなくきちんとした印象の装いが好ましいでしょう。

ページトップへ