東京ソワール創業者 児島絹子『藍綬褒章』受章

創業者 児島絹子『藍綬褒章』受章2017年11月

東京ソワール創業者である「児島絹子」に
この度、『藍綬褒章』が授与されました。

その功績は
『和装から洋装へ生活様式が変わっていく中で、
黒の洋服(ブラックフォーマル)に
イノベーションを起こし市場を創出・拡大。
日本にそれまでなかった
レディスフォーマルウエアの歴史を創造した。』
という「新規産業功績」に対して授与されました。

> 創業者 児島絹子の功績

東京ソワール創業者 児島絹子

受賞にあたって
(創業者 児島絹子)

19歳の春に単身上京し、洋服づくりに人生を賭けてきました。
和装から洋装へと生活様式が変化していく中で、黒の洋服(ブラックフォーマル)を開発し、日本にそれまでなかったレディースフォーマルウェアの発展に貢献できたことを嬉しく思います。

この度の受賞は私を支えていただいた皆様のご支援の賜物と感謝するとともに、さらなるフォーマル市場の広がりと日本女性の生活文化向上の一助になればと存じます。

東京ソワール創業者 児島絹子
東京ソワール創業者 児島絹子

(株)東京ソワールは、創業者 児島絹子が
1954年にオーダーメイドの高級婦人服店として始めた
『ソワール洋装店』が始まりです。

1969年に『株式会社東京ソワール』となり、
日本で初めて和服に変わる喪服(ブラックフォーマル)
を開発いたしました。

数あるフォーマルメーカーの中で唯一、
オートクチュールからスタートした会社です。

和装から洋装への転換を促し半世紀。
今も変わらぬ丁寧な洋服づくりに取り組んでいます。

ブラックフォーマルは東京ソワールから生まれました。

これまでも、これからも。
「東京ソワールのブラックフォーマルウェア」
なら間違いありません。

ONLINE STORE