ジャガード織りのブラックフォーマル

広報望月です。

「ジャガード織りのブラックフォーマルは、喪服として大丈夫ですか?」
こんな質問がありました。

ネット上のコメントを見ると、「ジャガード織り」は賛否両論があるようです。

こんな文章を見つけたら、不安になりますね?

ドレスコードとしてはどうなのでしょう?


喪服には格式によって、正喪服・準喪服・略喪服という三段階があります。
もっとも格式の高いのが「正喪服」という着こなしで、
欧米のロングアフタヌーンドレスを原型とします。
襟元は開けず、肌の露出を控え、ロング丈の黒の装いで、
皇室行事の際に眼にすることができます。
ベールのついたトーク帽と手袋を着用し、全身を限りなく黒で装います。

これもは最上級の装いで、一般のお店では
ここまで格調高いフォーマルドレスのお取り扱いはありません。

では、一般的な喪服はどう選べばよいのでしょう?

フォーマルコーナーで販売しているものは、日本のドレスコードに適ったデザインです。
素材も吟味されているので、どれを選んでも問題ありません。
「喪服」とは言えファッションですから、その時々の流行も加味されています。

さて「生地」ですが、ドレスコードにあるのは「黒の無地が望ましい」ということのみ。
現在、無地では「経二重」という生地が多く使用されています。
無難で安心ですが、無地で仕立てたフォーマルは、
どうしてもファッション性が低くなります。



最近では、この無地に加え、
生地に凹凸感のあるジャガード織りや高級感のあるドビー織り、
一部にサテンやシフォンといった、
「黒」のバリエーションを取り入れるデザインに人気があります。


※サテンパイピングのデザイン


※ジャガード織りのブラックフォーマル


とかく冠婚葬祭の場では、「これはいいの?」「大丈夫?」と
細かな点を気にされる声を耳にします。
フォーマルコーナーで用意されたお品物であれば、一般的に問題ありません。

黒だからこれで大丈夫!と、
ビジネススーツを使いまわすときには失礼の無いよう注意しましょう。










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree