Tips礼服の選び方

はじめての喪服選び。一体どれを選んだら・・・。
そんなあなたに、ご購入前に知っておきたい
レディース・喪服の選び方やマナー、ルールの
ポイントを解説します。

はじめての喪服選び。
一体どれを選んだら・・・。
そんなあなたに、ご購入前に
知っておきたい レディース・喪服の
選び方やマナー、ルールの
ポイントを解説します。

基本のコーディネート

ブラックフォーマル(礼服)が基本です

基本のコーディネート画像

ブラックフォーマル(礼服)は喪服として
通夜・告別式のご葬儀にご着用いただけます。

ジャケットとワンピースがセットになったアンサンブルを
選ばれる方が多いですが、
パンツスーツやワンピースなど
黒一色であればアイテムの種類は問いません。

どのアイテムでも、肌の露出を避け、
黒色の濃い、落ち着いたデザインのものを
選びましょう。

基本のコーディネート画像
totop
totop

基本のコーディネート / Clothes

丈のバランス・シルエットをチェックして

丈 画像

礼服を選ぶ時に注意したいのは
「ひざ・ひじが隠れること」と
「身体のラインが出すぎないこと」。
スカートの場合は、
ひざ頭の隠れる長さを選びましょう。

丈 画像
座り姿 画像

ここで注意したいのは、
立ち姿だけでなく座り姿。
お式の最中は着席シーンも多いもの。
座った際もひざ頭が隠れる丈か
確認することがポイントです。
袖の長さも、ご焼香の際にひじが隠れる長さか
確認するのがおすすめです。

また、身体のラインが出過ぎる
タイトなシルエットや
肌の透け過ぎる薄手素材にも注意しましょう。

totop
totop

基本のコーディネート / Hair & Make up

すっきり控えめな身だしなみに

Hair&Make up画像

ご葬儀の席では派手なメイクや
ヘアアレンジはNG。
アイシャドウは光沢感のあるものは避け、
口紅はベージュ系などの
ナチュラルカラーを選びましょう。

長い髪はひとつにまとめるかアップスタイルに。
ヘアカラーをされている方は、
黒のシュシュやヘア―クリップで
全体のトーンを抑えるのもおすすめです。

Hair&Make up画像
totop
totop

基本のコーディネート / Accessory

Bag

黒の布製バッグがおすすめ

バッグ画像

ゴールドの金具や色柄の入っているもの、
すぐに見てわかるブランドバッグなど
派手な印象のバッグは避けるのが無難です。

バッグ画像

Necklace & Earring

白やグレーの真珠、
オニキスなどを選んで

ネックレス&イヤリング画像

不幸が重なることを連想させるので
2重デザインのネックレスはNGです。
はじめてのアクセサリーは
白のパールがおすすめ。
イヤリングやピアスは
ぶら下がるタイプは避け、
一粒タイプのものを選びましょう。

ネックレス&イヤリング画像

Shoes & Stocking

黒一色のシンプルなパンプスがベター

靴&ストッキング画像

黒ストッキングは弔事の足元のマナーとして
押さえておきたい基本のアイテム。
寒冷地などでは黒のタイツの着用も
マナー違反ではございません。

靴&ストッキング画像

Prev

Next

totop
totop

あると便利な弔事アクセサリー

手袋画像

手袋

手袋画像

急な訃報に、ネイルを落とす時間がない…
そんなときに便利なフォーマル手袋。
エレガントなレースが
手元を美しく見せてくれます。
 ※ご焼香のときは外しましょう。

念珠・念珠入れ画像

念珠・念珠入れ

念珠・念珠入れ画像

宗派を問わない片手念珠を
準備しておけばいざという時に安心。
親玉を回すようにして折り畳み
念珠入れなどに入れて
大切に持ち運びましょう。

ハンカチ画像

ハンカチ

ハンカチ画像

ハンカチは色柄物を避け、
黒または白のものを選びましょう。
礼儀正しくふるまえる
フォーマル専用ハンカチは
バッグのなかに入れておくと
ご用意に慌てず安心です。 

totop
totop

急な訃報に慌てないために⋯

悲しみの席は急に訪れるもの。
喪服は用意があっても、
つい後回しになってあわててしまうのが
ブラックフォーマル用の小物です。

基本のフォーマルアイテムは
事前にバッグに入れて
保管しておくのが安心です。

オンラインショップでのお取り扱いはこちら

ブラックフォーマル用
アクセサリー

フォーマルの最新情報はこちら

@tokyosoir_official
小物画像
totop
totop

Copyright © 東京ソワール TOKYO SOIR All rights reserved.