TOKYO SOIR

TOKYO SOIR

TOKYO SOIR お受験コーディネート

初めてのお受験、「お受験って何を着ればいいの?」と不安になりませんか?
アクセサリーの選び方のポイントも合わせて、気候に応じたお受験のトータルコーディネートをご提案いたします。

style-line

4つのシーンにおすすめの
お受験スタイルをご紹介します。

受験をする学校によって、雰囲気は大きく変わります。
同じ学校を受験した先輩ママを参考にするのが一番安心です。

  • Style01 学校説明会
  • Style02 入試説明会
  • Style03 面接
  • Style04 着まわし

Style01 学校説明会スタイル

第一印象で差を付ける 春のきちんとスタイル

気温が上がる春の終わりから、
夏にかけて行われる学校説明会。
この時期は親子が学校を選んでいる側。

とはいえ、きちんとしたスタイルで
参加するに越したことはありません。
第一印象を意識して、コーディネートしてみましょう。

アートボード

Coodinate

きれいめな印象は大切ですが、
お受験本番である面接に比べると
まだまだリラックスした雰囲気で
あることが多いです。

学校にもよりますが、ネイビーの
ワンピースや
ブラウス合わせ、パンツスタイルなど
様々なお母さまを見かけます。

Pick up!

学校説明会は学校案内や願書など、
たくさんの資料が配布されます。

A4サイズが入る大きめのサブバッグを
用意しておくと安心です。
置いたときに倒れない、
自立するタイプのバッグがおすすめです。

Style02 学校説明会スタイル

暑い日は涼やかな装いで 好印象の説明会コーデ

「この学校を受験しよう!」と決めたら、
入試説明会に参加します。

説明会は、暑さが残るシーズンに
実施されることが多いです。
学校に着くまでは半袖ワンピース、
室内ではジャケットやネイビーのカーディガンを
羽織るスタイルのお母さまが多く見られます。


アートボード

Coodinate

暑い日をスマートに過ごすために、
機能性の高いワンピースは重要。

夏用裏地やウォッシャブルのアイテムは、
厳しい残暑でも快適。
脱ぎ着が楽な
前開きワンピースもおすすめです。

Pick up!

暑い日の必需品であるハンカチは、
清潔感のある白がおすすめです。

アクセサリーへの細やかな気配りが、
お母さまの好印象にも結びつきます。

Style03 学校説明会スタイル

本番は上品さを意識して 定番スタイルで臨みましょう

面接はお子さまが主役ではありますが、
お母さまの印象も大切になってきます。

素材や仕立てが上質なスーツは
お母さまの好印象に結び付きます。
スカート丈は座った際に
膝がしっかり隠れる長さがベストです。

アートボード

Coodinate

地方の私立小学校での面接の場合、
「普通のお受験スーツでは、
かしこまりすぎてしまう」という声も。

そんな時はネイビースーツで、
堅すぎず、程良くフォーマル感のある
スタイリングにしてはいかがでしょうか?

Pick up!

面接は、メインの牛革バッグと
サブバッグを用意して臨むと安心です。

牛革バッグは、「黒」「本革」「目立たない」
の三原則を意識しましょう。
入学後の学校訪問でも重宝するアイテムです。

Style04 学校説明会スタイル

入学準備でも活躍できる フォーマルコーデをご紹介

ネイビースーツは、その他のフォーマルシーンでも
ご活用いただけます。

ご挨拶回り、お食事会、レセプションパーティーなど…
きちんとした上品な装いをしたいときにぴったりです。

アートボード

Coodinate

明るい色のジャケットやバッグ、
コサージュをプラスすると、
より華やかな印象にすることができます。

アクセサリーのコーディネート次第で、
さまざまなオケージョンに
対応できるお洋服です。

ネイビーのブラウス+パンツスタイル

Pick up!

お受験用のスリッパは、
すっきりとしたシルエットとヒールで
スタイルアップを叶えてくれます。

中には、歩くときに気になるパタパタ音が
軽減される仕様のスリッパも。

オールシーズン必要なアクセサリーや
気候に応じてあると便利なアクセサリーをリストアップ。
きちんと用意ができているかチェックしてみましょう。

お受験アクセサリーリスト

はじめてのお受験は、服装についてだけではなく、 お母さまとしてのマナーにも気を配る必要があります。

実際にお客様からの質問が多かった内容をくわしく解説します。
お受験のお悩みを解決していきましょう!

お受験服の襟のかたちに決まりはありますか?
この形でないといけないという決まりはありませんが、華やかすぎない襟デザインを選ぶのが好ましいです。

ショールカラーを選ぶお母さまが多いですが、ノーカラーで臨むかたも増えてきています。
試着をしていただいた際に、お顔が優しくみえるデザインを選ぶことをおすすめしております。
しかしながら、中にはショールカラー指定の学校もありますので、同じ学校を受験した先輩ママのお話も参考にしてみてはいかがでしょうか。
紺ジャケット・紺スカート・白ブラウスのスタイルは、お受験で着用しても大丈夫でしょうか?
面接本番でなければご着用いただけます。
シャツスタイルですと、お子さまと一緒に遊ぶテストで動いたり、ソファで立ったり座ったりするときに着崩れやすくなるため、
ワンピースとジャケットのアンサンブルスタイルがおすすめです。
スカート丈が問題ないか、確認する方法はありますか?
鏡を正面に置いて、椅子に座って確認してみましょう。
面接官側から見たときに、座った状態で膝頭が隠れる丈を選ぶと好印象です。
お受験用のネイビースーツはウール素材ではないといけないと聞いたのですが・・・。
かならずウール素材でなくてはならない、というわけではありません。
ウール調に仕立てたポリエステルとトリアセテートの混合素材は、お手入れがしやすいためおすすめです。
無地で光沢のない素材のものを選びましょう。
 
面接の際は父親もネイビースーツを着用して、統一感を出した方がよいですか?
ダークスーツでしたら、ネイビーではなくても問題はありません。
黒・紺・ダークグレーなど、華やかではない色味を着用すると安心です。
ネクタイも派手な色や柄のものは避けて、すっきりとした印象になるネクタイを選ぶことをおすすめいたします。
 
暑い日でも、ジャケットは着用しなければいけないのでしょうか?
暑い日の説明会でしたら、ネイビーの半袖ワンピースのスタイルで大丈夫です。
肘が出るような袖丈のワンピースの場合は、会場内で羽織れるきれいめなデザインのカーディガンを持っておくと安心して説明会に臨めます。
ネイビースーツの中に、インナーを着た方がいいですか?

説明会や面接に連日出席することになると、夏場でも頻繁にお洋服の洗濯ができません。
汗を吸収するインナーを着ておくと、お洋服をきれいに保つことが出来ます。
また、緊張する場面では汗をかきやすくなりますので、インナーを何枚か用意して汗対策をしておくと、自信を持ってお受験に臨むことができるはずです。

  • Innner:5671509(8,250 tax in)
  • Innner:5671509(8,250 tax in)
説明会にアクセサリーを付けて参加をしても大丈夫ですか?
一連のパールネックレスなどシンプルなものでしたら問題ありません。面接時にはアクセサリーを身に付けないスタイルが望ましいです。
アクセサリーで華やかさを演出するのではなく、サイズの合った仕立てのいいお洋服を装うことで、お母さまの上品さを表現することがベストです。
バッグは牛革のものを使用しないといけないのでしょうか?
ブラックフォーマル用のバッグで代用したいのですが・・・。

お受験をする学校によって、雰囲気は大きく変わります。同じ学校の先輩ママを参考にしてみてください。
とはいえ、多くの方が牛革バッグを使用されています。メインバッグとして牛革のものをひとつ用意しておくことをおすすめいたします。

  • Bag:5624953 (\35,200 tax in)
  • Bag:5624953 (35,200 tax in)
 
時計は付けても大丈夫ですか?
腕時計をつけ、スマートフォンで時間を確認しないようにすると好印象です。
ブランドが一目で分かるようなデザインは避けて、シンプルな時計を選びましょう。
PAGE TOP