フォーマル・カーネーション「母に着てほしいブラックフォーマル」vol.11

フォーマル・カーネーション


【東京ソワール×文化服装学院】

フォーマル・カーネーション「母に着てほしいブラックフォーマル」
デザインコンテストの道のりを不定期連載中。

--------------------------
<その11>

縫製チェック


時は4月16日。
トワルチェックから約1ヶ月が経過しました。
コンテストも、そろそろクライマックス、
縫製チェックの日を迎えました。


縫製チェックは、一人あたり、約30分ずつの順番制。
デザイナー&パタンナーの専門職チームが1つ1つ作品をチェックしていきます。
前回のトワレチェックでは、シーチングによる仮縫いの状態でしたが
今回は、かなり完成に近い「できあがりの状態」を想定しています。


さて、進み具合は…?


縫製チェック1番は神尾さん。
アシンメトリーなデザインが特徴のスーツ。


生地の扱いが想定外に難しい、とのことで、
身頃と袖山について、パタンナーからアドバイス。
デザインのポイントである、
ジャケットの生地グラデーションを
今後どのように仕上げていくのか楽しみです。


2番目は田代さん。
シャープなラインとソフトなドレープがミックスしたスーツ。


洋服としては完成してますね!
でも、ご本人的にはちょこちょこ気になる点があるようです。
シャープな衿のラインや、スカートのドレープなど
デザイン画のイメージをどこまで表現できるか、
まだまだお悩み中です。


続いて松本さん。
お花のモチーフが印象的なスーツです。



モチーフに目が行きがちですが、
メリハリの利いたシルエットも特徴。
キュッとしぼったウエスト、
花びらのように開いたスカートなど
工夫がいっぱい。
ヘムラインはパイピングを取り入れています。



4番目、サンドラさん。
ジャケット+ワンピースのアンサンブル。


すっかり完成のように見えるのですが
ご本人は、まだまだ修正中で
この状態で見られるのは恥ずかしいとのこと。
共布のベルトもできていますが
異素材を組み合わせていくのが、なかなか難しいようです。


最後は、安立さん。
スモッキングを取り入れたワンピース。


仮縫いのトワルチェック時点で形ができていた足立さん。
今回はさらに完成度を上げてきました。
後はバランスなどの微調整。
袖はもっとエレガントにしたいと。
完成にむけて、作りなおす予定です。


それぞれが作品のイメージに合わせ、生地を選んで制作しています。
選んだ生地によって随分印象が変わりますね。

実際に形にしてみると、袖山やジャケットの絞り具合など
思うようにはいかないことも。
本人が腑に落ちない点も、デザイナーやパタンナーが
アドバイスすると、あら不思議。
ずーっと悩んでいた点が、ぱっと修正されます。

日ごろ、ブラックフォーマルを手がけている専門家ならではの知識が光ります。



次回5月14日(水は)、作品を完成させて最終チェックです。
皆さん、あと少し、頑張ってください!



★続いては完成作品です → 作品提出

★前回の様子はこちら → トワレチェック








コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree