製品情報 企業情報 お問合わせ Top
anniversary 50th TOKYO SOIR Since1954 anniversary 50th TOKYO SOIR Since1954

2019123

おかげさまで東京ソワールは
創立50周年を迎えました


東京ソワールのあゆみ

  • 1954

  •  
  • 1954年(昭和29年)

    「ソワール洋装店」オープン

    創業者 児島絹子が東京世田谷に
    オーダーメイドの高級婦人服店として
    「ソワール洋装店」オープン。

  • 児島絹子の理念

    姫路の呉服屋の娘であった児島絹子は、幼い頃から 「喪服というのは一格上。黒の色は良いか悪いか一目でわかる。帯は着物より一格上を合わせるもの」と聞かされてきました。洋装店で黒を手掛ける中で意識したのは、「和服の黒の価値を理解した上で洋服に取り入れること」「オートクチュール出身ならではの、普段着ではない一格上の品の良い高い技術の洋服を作ること」という理念でした。

  • 1969

  •  
  •  
  •  
  • 1969年(昭和44年)

    「株式会社東京ソワール」設立。日本で初めて和服に代わる喪服(ブラックフォーマル)を開発。

    「株式会社東京ソワール」設立。
    日本で初めて和服に代わる喪服
    (ブラックフォーマル)を開発。

  • 1970年~Aラインのスーツ 1970

    1970年~
    Aラインのスーツ

    クラシックな襟と刺繍、Aラインのシルエット。ミニ全盛の時代背景を受け、着丈は88cm。
    当社がブラックフォーマル専業であったころのコンパクトなアンサンブルスタイル。

    1973年~プリーツ使いのワンピース 1973

    1973年~
    プリーツ使いのワンピース

    襟と袖に異なるプリーツを取り入れ着用時の美しい動きを計算したワンピース。舶来の素材で仕立てた上等でエレガントな装いは大人気のロングセラーとなった逸品です。

  • 1975

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1975年(昭和50年)

    浅丘ルリ子と契約、テレビCMを中心に宣伝開始。

    浅丘ルリ子と契約、テレビCMを中心に宣伝開始。

  • 1975年~白襟ワンピース 1975

    1975年~
    白襟ワンピース

    卒入学式の装いとして高い人気を得たワンピース。当時のアイドル歌手、山口百恵さんのイメージとも相似したことから、多くの女子大生が卒業式に着用。ブラックフォーマルの新たな需要を拡げた一着。

  • 新しいフォーマル文化の発信も
    ソワールから

    フォーマル売場に併設されるアクセサリーコーナー。今では当たり前の光景ですが、洋服と アクセサリーのコーディネート販売は東京ソワールが導入した仕組みです。 それまで、百貨店内の売場は洋服とバッグやアクセサリーは別々の売場で販売していました。
    1976年(昭和51年)、東京ソワールは「ウェアとのトータルコーディネート」をご提案。
    フォーマルアクセサリーの開発とともに、フォーマルの新しい選び方のきっかけを作りました。

  • 1978年~総プリーツアンサンブル 1978

    1978年~
    総プリーツアンサンブル

    サイドプリーツをジャケットとワンピースに施した軽やかなアンサンブル。
    胸元のチュールレースがポイント。
    素材は梨地ジョーゼットでエレガンスな女性らしさを表現。

  • 1978

  •  
  • 1978年(昭和53年)

    本社を現在の東京都港区南青山に移転。

    本社を現在の東京都港区南青山に移転。

  • 1979

  •  
  •  
  • 1979年(昭和54年)

    設立10周年を記念して、「全日本フォーマルレディコンテスト」を実施。

    設立10周年を記念して、
    「全日本フォーマルレディコンテスト」を実施。

    東京と大阪で「ショーでつづるパリモード200年」を開催。

    東京と大阪で
    「ショーでつづるパリモード200年」を開催。

  • 1980

  •  
  •  
  •  
  • 1980年(昭和55年)

    カラーフォーマル本格事業化着手。

  • 1980年~白襟スーツ 1980

    1980年~ 
    白襟スーツ

    白襟が取り外しできる清楚なスーツ。
    浅丘ルリ子さんをモデルに起用しポスターを制作。
    爆発的なヒットで卒入学式に「華やかなブラックフォーマル」を着用するきっかけとなる。

    1982年~プラスオンフォーマル 1982

    1982年~ 
    プラスオンフォーマル

    ミディ丈のドレスにロングスカートを組み合わせ。
    着用シーンを広げた「プラスオンフォーマル」。
    当時、このアイデアが大きな話題となり大ベストセラーにつながる。
    素材はちりめんジョーゼットで色は、紺・ベージュ・エンジ色。

  • 新フォーマルブランドの発表

    新フォーマルブランドの発表

    東京ソワールは多くのブランドを手掛け、 日本の「フォーマルウェア」を創造してまいりました。
    1983年(昭和58年)
    ジバンシィ ハイフォーマルはその先駆けとなる1ブランドです。
    以降も自社ブランドの開発やハイブランドとの提携など等、
    レディースフォーマルウェアのトップメーカーとして新しい流れをご提案し続けています。

  • 1988

  •  
  • 1988年(昭和63年)

    東京証券取引所市場第二部に上場。

    東京証券取引所市場第二部に上場。

  • 1991

  •  
  •  
  • 1991年(平成3年)

    川崎商品センター増築工事完了による物流体制の拡充。

    川崎商品センター増築工事完了による物流体制の拡充。

  • 1998

  •  
  • 1998年(平成10年)

    ファーストフォーマルテレビCM
    キャンペーンスタート

  • 1999

  •  
  •  
  • 1991年(平成11年)

    株式会社設立30周年。「母と娘のファーストフォーマル」キャンペーン実施。

    株式会社設立30周年。
    「母と娘のファーストフォーマル」
    キャンペーン実施。

  • 2000

  •  
  • 2000年(平成12年)

    ホームページ開設。

  • 2006

  •  
  • 2006年(平成18年)

    TOB(公開買付)による
    自己株式取得の実施を始める。
    「ランバン ノワール」「ピエール・カルダン」等より
    モードな感覚を取り入れたコレクションを展開。

  • 2007

  •  
  •  
  • 2007年(平成19年)

    オンラインショップ「Formal-message.com」開設中国シェンニー社とのライセンス契約締結

    オンラインショップ「Formal-message.com」開設
    中国シェンニー社とのライセンス契約締結

  • 2009

  •  
  • 2009年(平成21年)

    株式会社設立40周年 ありがとうこれからも。

    株式会社設立40周年

  • 2010

  •  
  • 2010年(平成22年)

    イオンレイクタウンに「フォルムフォルマ」1号店オープン。

    イオンレイクタウンに
    「フォルムフォルマ」
    1号店オープン。

  • 2013

  •  
  •  
  • 2013年(平成25年)

    株式会社ワールドとの
    ライセンス契約ブランド
    「INDIVI」を発表。

  • 2014

  •  
  • 2014年(平成26年)

    株式会社設立45周年。お客様への日頃のご愛顧を込めて『ありがとう』 キャンペーンを2回(春と秋)実施

    株式会社設立45周年。
    お客様への日頃のご愛顧を込めて
    『ありがとう』 キャンペーンを
    2回(春と秋)実施

  • 2015

  •  
  •  
  • 2015年(平成27年)

    J∞QUALITY企業認証を取得。

    J∞QUALITY企業認証を取得。

  • 2016

  •  
  • 2016年(平成28年)

    企業マスコット「ソワレちゃん」の着ぐるみにより、幅広い世代へ企業PRを実施

    企業マスコット「ソワレちゃん」の
    着ぐるみにより、
    幅広い世代へ企業PRを実施

  • 2017

  •  
  •  
  • 2017年(平成29年)

    創業者・児島絹子、フォーマル文化の新規産業功績により藍綬褒章受章

    創業者・児島絹子、
    フォーマル文化の新規産業功績により藍綬褒章受章

  • 現在

50周年を迎えた今も、
変わらぬ丁寧な洋服づくりを。
伝統を大切に守りつつ、
様々な活動にも取り組んでいます。

50周年記念ロゴについて

anniversary 50th

こちらのロゴは、インドネシア・ジャカルタ在住のデザイナー兼カリグラファー
Veronica Halim(ヴェロニカ・ハリム)氏に
よるものです。

流れるような書体が美しいカリグラフィーには数種類の書体があり、
東京ソワール50周年ロゴは「モダンカリグラフィー」という書体で表現されています。
厳密なルールにとらわれることなく、自分らしい自由なスタイルでアレンジを楽しむことができる、
それがモダンカリグラフィーの特徴です。

ブラックフォーマル文化を創造し
時代を牽引してきた東京ソワール。
今までのご愛顧に感謝すると共に、これからも自分らしさを大切に生きる女性を応援していきたい。
50周年を迎え、そんな思いから記念のロゴが
誕生しました。

Veronica Halim(ヴェロニカ・ハリム)氏

Veronica Halim(ヴェロニカ・ハリム)氏

インドネシア・ジャカルタ在住のデザイナー&カリグラファーであるVeronica Halim(ヴェロニカ・ハリム)氏は
自然界の有機的な形やパターンに深く影響を受け、流れるような美しいカリグラフィーを生み出しています。
豊かな表現力と繊細さに加え、グラフィックとしての質の高さも兼ね備えた書体スタイルは多くの人を魅了し、グローバルに活動の場を広げ世界的にも高く評価されています。

Greetings代表ご挨拶


 代表取締役社長 村越 眞二 代表取締役社長
村越 眞二

東京ソワールは2019年1月23日をもちまして、創立50周年を迎えました。
これもひとえに、お客様をはじめ、平素より格別のご高配とご支援をいただいております多くの皆様のお陰によるものと、心から深く御礼申し上げます。
当社のルーツは、創業者 児島絹子が始めたオーダーメードの高級婦人服店、「ソワール洋装店」にあります。株式会社としての設立は1969年(昭和44年)、ここから本格的に既製服に進出し、日本で初めてのブラックフォーマルコーナーを百貨店の一角に設け、常に新しい文化の創造を担ってまいりました。
創業の歴史からDNAとして受け継ぐ「技術力に裏付けされた品質」「マーケット開拓にみる創造力」、企業文化として根付いたこれらの財産を今まで以上に活用し、時代の遷移の中においても様々な調査研究を重ねながら、より魅力あるファッションビジネスを提供してまいります。
今後ともなお一層のご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

Pick up

ページ上部へ